コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンバリク カンバリク

3件 の用語解説(カンバリクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンバリク
カンバリク

「大都 (だいと)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カンバリク【Khanbalik】

〔汗ハンの都の意〕 元げんの首都。現在の北京をモンゴル人が呼んだ称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンバリク
かんばりく
Khanbalq

中国、北京(ペキン)のこと。カン(ハン)の町の意。フビライは1264年金朝の故都である中都を冬の都とし、3年後その北東郊外の現北京の地に大都を造営した。それ以後モンゴルの帝都の呼称としてトルコ語によるこの名がしだいにイスラム世界や西欧にまで広まった。ただ元代の同時代記録ではカンバリクは金帝の都であった旧中都をさし、大都はダイドゥと原音名で呼び分けている場合が多いが、マルコ・ポーロの『東方見聞録』ではこの区別があいまいで、両市全体の総称としても使っている。大都地区はのちに明(みん)・清(しん)時代の北京の内城、中都地区は外城に変身するように、実質上一つの町であったから、カンバリクはいわば帝都、京師(けいし)の意ともいえる。モンゴル帝国の衰退後もこの名は中央アジア以西で生き続け、ティームール朝第2代シャー・ルフの遣明使節(1420~21北京滞在)をはじめ、17世紀のロシアの使節でも北京をこうよび、18世紀初期の使用例も確認される。[杉山正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンバリクの言及

【大都】より

…中国,元朝の首都。つづく明・清両朝および今日の北京の前身をなす。古来,北東辺の軍事都市としてあった北京の地は,10世紀以降,遼の副都(南京(なんけい)),金の国都(中都)となるに及んで華北の重要な政治拠点の位置を占めるにいたった(図)。モンゴリアに興起したチンギス・ハーンは,1215年(貞祐3),中都を攻略しこの地に華北支配の機構を設けた。さらに60年(中統1),憲宗モンケの急死により南宋征服の前線鄂州(がくしゆう)からきびすを返して北還したフビライ(世祖)は,中都の北東郊外を自軍の冬の宿営地とし,新政権の根拠地とした。…

【北京】より

… 普通には,大都の人戸は10万,人口は約50万と称され(1270年の統計では戸数14万,人口約40万),中国だけではなく,アジアから東ヨーロッパにわたるモンゴル大帝国の首都として,その繁栄は西洋にまで知られた。かのマルコ・ポーロは大都をカンバリク(ハーンの都)といい,宮殿の豪華なことや城内の整備されたありさまをくわしく伝えている。元の歴代皇帝は大都を本拠とするが,春から夏にかけての半年間は避暑のため上都開平府(今日の内モルゴル自治区のドロン・ノール)で過ごすのが常であった。…

※「カンバリク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンバリクの関連キーワード汗馬充棟スウェット玉なす冷や滂沱カンバリックみどろカン(汗)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone