コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンブレー同盟 カンブレーどうめいLeague of Cambrai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンブレー同盟
カンブレーどうめい
League of Cambrai

イタリア戦争の過程で 1508年,カンブレーにおいて結成された同盟。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世,フランス王ルイ 12世,ローマ教皇ユリウス2世,スペインのアラゴン王フェルナンド2世 (カトリック王) が参加。当時イタリア内陸の諸都市に着々と力を張っていたベネチア覆滅をねらうものであったが,ベネチアの謀略は,フランス勢力の拡大を恐れるローマ教皇やアラゴン王を懐柔し,この同盟を粉砕した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンブレー同盟
かんぶれーどうめい
Lega di Cambraiイタリア語

イタリア半島におけるベネチアの勢力拡大を阻止するため、教皇ユリウス2世の提唱のもとに、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世とフランス王ルイ12世が1508年10月に北フランスのカンブレーにおいて結成した同盟。提唱者であるユリウス2世は直接この同盟に参加せず、ベネチアに奪われた領土を回復するべく別個に交渉を行ったが失敗、1509年3月に正式に同盟に参加した。サボイア公、マントバ公、フェッラーラ侯、スペイン王(ナポリ王)なども同調したため、孤立したベネチアは征服した領土の返還を余儀なくされた。目的を達したユリウス2世は、フランスの勢力増大を牽制(けんせい)するために、一転してベネチアおよびスペインと神聖同盟を結成した(1511年10月)。こうしてカンブレー同盟は解体した。[清水廣一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンブレー同盟の関連キーワードユリウス(2世)ベネチア共和国デュボス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android