コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンポバッソ Campobasso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンポバッソ
Campobasso

イタリア中部,モリーゼ州の州都。カンポバッソ県の県都でもある。ナポリ北北東約 85km,城壁で囲まれた古い町は丘の上にある。 1732年に人々は旧町を放棄し,平野に新しい町をつくった。旧町にはカステロモンフォルテ城 (1459) やロマネスク建築の聖レオナルド,聖バルトロメオ,聖ジョルジョ聖堂などがあり,新しい町には聖堂と博物館がある。ナシ,チーズを産し,タイルや石鹸,刃物などがつくられている。町はベネベント-テルモリ間の鉄道の途中にある。人口5万 163 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンポバッソ
かんぽばっそ
Campobasso

イタリア南部、モリーゼ州の州都。人口4万6860(2001国勢調査速報値)。アペニン山脈中の標高786メートルの地に位置する。ランゴバルド人が支配していた時代に建設された。1732年以降、城壁の外の平地部に、カンプス・バッススCampus bassusとよばれた新市街が形成された。現在、地方行政の中心地ではあるが、経済構造は依然として伝統的な枠を出ていない。農産物の生産・加工と、刃物(ナイフ、鋏(はさみ)など)の手工業生産が主要な産業である。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカンポバッソの言及

【モリーゼ[州]】より

…1963年の法律によりアブルッツィ・エ・モリーゼ州から分離して州に昇格。カンポバッソ,イゼルニアの両県からなり,州の90%が高地である。州都はカンポバッソ(人口4万8291,1981)。…

※「カンポバッソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンポバッソの関連キーワードモリーゼ[州]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android