コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンリッフ委員会 カンリッフいいんかいCunliffe Committee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンリッフ委員会
カンリッフいいんかい
Cunliffe Committee

1918年1月,第1次世界大戦後のイギリスの通貨体制の再建を検討するために設けられた委員会。正式名は「戦後通貨・外国為替対策委員会」 Committee on Currency and Foreign Exchanges after the Warというが,委員長が W.カンリッフ卿であったことからこの名称で呼ばれた。 19年 12月に最終報告を発表。そのなかで,当時イギリスは実質的には金本位を離脱していたので,金本位制度への復帰を最高の目的として,そのためにデフレーション政策を堅持すべきことを主張した。これによってイギリスは 25年に金本位制度に復帰することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンリッフ委員会の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android