コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーダンパー car dumper

デジタル大辞泉の解説

カー‐ダンパー(car dumper)

ばら積み貨物を敏速に降ろすため、貨車荷台を転倒させる装置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カーダンパー【car dumper】

石炭や鉱石などのばら物を積んだ貨車を,そのまま傾斜あるいは逆さまに回転させることにより,積荷を短時間に荷降ろしする装置。大規模のカーダンパーは原料産出国の積出港に多く設備されており,1時間当り7200tの荷降ろし能力をもつタンデム式(貨車2台同時処理)カーダンパーもある。原料を貨車輸送に依存する立地条件製鉄所石炭火力発電所,セメント工場,金属精錬工場,化学肥料工場などにおいても中小規模のカーダンパーが用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカーダンパーの言及

【荷役運搬機械】より


[荷役運搬機械の種類]
 クレーンコンベヤは荷役運搬機械を代表する機種であるが,それぞれにまた多くの種類があり,用途も多方面にわたる。その他の荷役運搬機械を列記すると,ばら物ヤード用の専用機械(カーダンパー,スタッカー,リクレーマー,シップローダー),貨物用エレベーター,機械式駐車装置,架空索道,構内用産業車両(フォークリフトトラック,構内運搬車,ショベルローダー,ストラドルキャリアなど)などである。また,簡易荷役用のユニットとしては,ジャッキ,ウィンチ,ホイスト,チェーンブロックなどがあり,これらは上記の各種荷役運搬機械の構成要素として利用されることもある。…

※「カーダンパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android