カーペンター=キラム協定(読み)カーペンターキラムきょうてい

世界大百科事典 第2版の解説

カーペンターキラムきょうてい【カーペンター=キラム協定】

1915年3月22日にスールー王国の第27代スルタン,ハマルル・キラム2世Jamal‐ul Kiram IIとアメリカのフィリピン群島政府ミンダナオ・スールー管区長カーペンターFrank W.Carpenterとの間で結ばれた覚書協定。キラム2世はこの協定でいっさいの世俗の権力を放棄し,宗教的権威のみを保持することになった。その結果,15世紀中ごろから5世紀近く続いたスールーのスルタン制度,すなわちスールー王国は解体した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android