カーペンター(英語表記)Carpenter, Clarence Raymond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーペンター
Carpenter, Clarence Raymond

[生]1905.11.28. ノースカロライナ,リンカーン
[没]1975.3.1. ジョージア,アセンズ
アメリカの動物学者。野生状態にあるテナガザルオランウータンなどの生態を詳細に観察し,その生活様式や社会構造を研究した。哺乳類を対象とした動物社会研究の草分けの一人とされている。

カーペンター
Carpenter, Edward

[生]1844.8.29. ブライトン
[没]1929.6.28. サリー,ギルフォード
イギリスの著述家,社会改革家。アメリカの詩人ホイットマンとの交友で知られる。社会改革家としては,W.モリスの影響を受け,ダービーシャーの田園に住み,クラフト運動に携わった。主著は『民主主義を目指して』 Towards Democracy (1883) 。

カーペンター
Carpenter, John Alden

[生]1876.2.28. イリノイ,パークリッジ
[没]1951.4.26. シカゴ
アメリカの作曲家。 1893年ハーバード大学に入学,在学中個人的に音楽を学び,卒業後も父の会社の副社長をするかたわら,E.エルガーに師事して作曲を学んだ。ジャズのリズムを交えながらアメリカの現代生活を写実的に,ユーモア詩情をもって描き出す。代表作は,管弦楽のための『乳母車の冒険』 (1915) ,バレエ曲『摩天楼』 (26) 。

カーペンター
Carpenter, Scott

[生]1925.5.1. コロラド,ボールダー
[没]2013.10.10. コロラド,デンバー
アメリカ合衆国の宇宙飛行士。フルネーム Malcolm Scott Carpenter。コロラド大学で宇宙工学を学んだのち,1949年アメリカ海軍に入隊,朝鮮戦争に従軍。1950年代後半,海軍テストパイロットとなり,1959年4月,アメリカ航空宇宙局 NASAのマーキュリー計画のために選ばれた 7人の宇宙飛行士の一人となった。1962年5月24日に打ち上げられた『オーロラ』7号でアメリカ人として 2人目となる軌道飛行を行ない,地球を 3周した(→宇宙船)。1964年オートバイ事故により左腕を負傷,宇宙飛行士を退く。1965年に海軍の海中居住実験計画「シーラブII」に参加,水深 62.5mの海中で生活した。1969年海軍を退役し,民間人として海洋エネルギー研究に携わった。

カーペンター
Carpenter, Mary

[生]1807.4.3. エクセター
[没]1877.6.14. ブリストル
イギリスの女性社会事業家。社会改良家,貧困児のための無月謝学校であるいわゆる「ぼろ学校」の設立者。ユニテリアン牧師であった父親がエクセターで経営していた学校で教育を受けた。 1829年母親とともにブリストルに女学校を開設。 1846年ブリストルのスラム街に「ぼろ学校」を,1852年に少年感化院を,1854年に少女感化院を設立。これより先の 1833年,インドの指導者 R.ローイやボストンの社会事業家 J.タッカーマンを通じてインドに関心をいだき前後4回インドを訪れ,帰国後「救印思潮普及全英インド協会」を設立した。 1873年北アメリカを訪問し,その刑務所制度の欠陥について報道した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カーペンター(carpenter)

大工。

カーペンター(Edward Carpenter)

[1844~1929]英国の社会思想家・詩人。牧師であったが、ホイットマンの影響で社会批判を開始し、牧師職を辞して社会主義運動に参加した。著「イギリスの思想」「わが生涯と夢」、詩集「民主主義へ向けて」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カーペンター

米国の作曲家。ハーバード大学で音楽を学び,のちエルガーにも師事。父の会社の副社長として実業界で活動するが,1910年ごろから作曲に専念。初の管弦楽曲《乳母車の冒険》(1915年),ディアギレフ委嘱によるバレエ音楽《摩天楼》(1926年)などで成功をおさめた。手法的には保守的ながらその作風はユーモアと詩情に富み,ラグタイムジャズイディオムを採用するなど,米国の作曲家ならではの活気に満ちた音楽世界をつくりだしている。ほかに,《ピアノと管弦楽のためのコンチェルティーノ》(1915年,改訂1947年),人気漫画によるバレエ音楽《クレイジー・キャット》(1921年),交響組曲《7つの時代》(1945年)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーペンター【Clarence Ray Carpenter】

1905‐75
アメリカの霊長類学者。ノース・カロライナ州に生まれる。1932年スタンフォード大学で学位(心理学)取得。教育学,比較心理学など多くの学問分野で業績がある。とりわけ霊長類の野外調査による一連の研究で知られ,この分野の先駆者といってよい。32年にパナマのバロ・コロラド島で行ったホエザルの野外研究を手始めに,50年までにパナマ,タイ,スマトラ,インドなどで,クモザル,テナガザル,オランウータンなどを対象とした精力的な野外調査を重ね,霊長類の社会や行動の解明に尽くした。

カーペンター【Edward Carpenter】

1844‐1929
イギリスの社会主義の詩人,著述家。ケンブリッジ大学卒業後,成人教育運動に参加。労働者を友とし,インド哲学とホイットマンに学び,詩集《民主主義へ》(1883)を発表。労働歌《イギリスよ起(た)て》(1886),主著《文明》(1889)で知られる。同性愛を含む性を法と慣習の拘束から解放し,人間愛として位置づけるため《成年の愛》(1896),《中間の性》(1908)を発表,性解放史に一時期を画した。【都築 忠七】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カーペンター【carpenter】

大工。

カーペンター【Edward Carpenter】

1844~1929) イギリスの詩人・評論家。社会主義運動にも従事。詩「民主主義に向かって」、自伝「わが生涯と夢」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーペンター
かーぺんたー
Edward Carpenter
(1844―1929)

イギリスの社会改良家、詩人。初めイングランド教会牧師となるが、還俗(げんぞく)し、社会主義運動に身を投じ、詩集『民主主義へ向けて』(1883)を公にする。ウィリアム・モリスの唱える中世的・道徳的原始社会を夢み、アメリカに渡って親交を深めたホイットマンをはじめ、ソロー、トルストイらの影響を強く受けた。性の倫理、審美主義中心の平等社会を説く理想家であった。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカーペンターの言及

【男色】より

… また近代文学の大家たちの男色傾倒は壮観というほかない。プラトンを教皇としソクラテスを使節とする善なる教会の従僕であることを誇ったP.ベルレーヌとその相手のJ.N.A.ランボー,民衆詩人W.ホイットマン,社会主義運動にひかれた詩人E.カーペンター,男色罪で2年間投獄されたO.ワイルド,S.ゲオルゲなどがとくに知られているが,彼らばかりではない。ゲーテは《ベネチア格言詩》補遺で少年愛傾向を告白し,A.ジッドは《コリドン》で同性愛を弁護したばかりか,別の機会にみずからの男色行為も述べ,《失われた時を求めて》のM.プルーストは男娼窟を経営するA.キュジアと関係していた。…

※「カーペンター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーペンターの関連情報