コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーリーバンガン Kalībangan

世界大百科事典 第2版の解説

カーリーバンガン【Kalībangan】

インドのラージャスターン州北部ガンガナガル地区にあるインダス文明都市期の都市遺跡。ガッガル涸川の岸に位置する。1961年からインド考古局のラールB.B.LālとターパルB.K.Thaparが発掘。インダス文明の他の都市と同じく,東に市街,西に城塞を配置し,双方とも南北に長く,東西が平行する四辺形で,城壁・市壁ともに突角堡を備える。城塞は東西幅120m,南北長240m。市街は東西幅240m,南北長360m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカーリーバンガンの言及

【インダス文明】より

…ともに南北に長い長方形か平行四辺形の平面をもつ(ロータルを除く)。カーリーバンガンではいずれにも囲壁がある。街路は直線で,ほぼ直交し,道路幅は1.8mを単位とし,その倍数に従っている。…

※「カーリーバンガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーリーバンガンの関連キーワードロータルインド史

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android