カールハインツ シュトックハウゼン(英語表記)Karlheinz Stockhausen

20世紀西洋人名事典の解説

カールハインツ シュトックハウゼン
Karlheinz Stockhausen


1928.8.22 -
ドイツの作曲家,音楽理論家。
元・ケルン高等音楽学校教授。
西ドイツ出身。
ケルン音楽院でマルタンに作曲を師事、その後ミュジック・セリエルの影響を受け、パリでメシアンに師事。帰国後ケルンの電子音楽スタジオで1953年電子音楽「習作1」、’56年「若者たちの歌」等を発表。またM.エップラーのもとで音響学情報理論を研究し’70年には大阪万国博でドイツ館の音楽を担当。’71〜77年ケルン高等音楽院教授を務め、ブーレーズと共に前衛音楽の指導的立場に立ち新理論を発表。他に「アルファベット」(’72年)等あり。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android