カールレー(英語表記)Kārle

世界大百科事典 第2版の解説

カールレー【Kārle】

西インド,プネー(プーナ)の北西約55kmにある仏教石窟。その祠堂(チャイティヤ)窟は,刻文から2世紀初期の造営と考えられ,幅14m弱,奥行38m弱あり,前期仏教石窟の祠堂窟のうち最大の規模を誇るとともに,最も洗練され完成された形態をとる。保存もきわめて良い。正面廊後壁の6組の男女供養者像は,肉体のエネルギーを内に秘めた堂々たる傑作である。ただし仏像はグプタ時代後期の補作。内部の列柱柱頭の騎象・騎馬の人物像もすばらしく,奥に安置した仏塔(ストゥーパ)も安定感のある簡素な美しさをもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android