カール・ルートウィヒ(読み)かーるるーとうぃひ(英語表記)Karl Ludwig

日本大百科全書(ニッポニカ)「カール・ルートウィヒ」の解説

カール・ルートウィヒ
かーるるーとうぃひ
Karl Ludwig
(1617―1680)

ドイツのプファルツ選帝侯(1648~80)。フリードリヒ5世の子。父が三十年戦争中ワイサーベルクの戦い(1620)に敗れて所領を没収されたため、オランダで養育と教育を受け、のち失地の回復に努めた。1648年のウェストファリア条約によって下プファルツのみを返還され、またバイエルン公の手に帰したかつての選帝侯位のかわりに、8番目の新設の選帝侯位を与えられた。

[中村賢二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android