カーンチャナブリー(英語表記)Kanchanaburi

世界大百科事典 第2版の解説

カーンチャナブリー【Kanchanaburi】

タイ中部,同名県の県都。人口2万9502(1980)。バンコクから鉄道で133km西方にあり,メークローン川左岸に位置する。ミャンマーへの通路に位置し,古くからの軍事的要衝。近くに,第2次大戦中日本軍がタイ・ビルマ鉄道を建設した際の犠牲者の墓地がある。東方のポントゥックでは,6,7世紀のモン族のドバーラバティの遺跡が著名。西方はミャンマーに続く山地がひろがり,タバコなどの畑作農産物のほか,木材,炭など森林産物の集散地でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android