コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カー諸族 カーしょぞくKha peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カー諸族
カーしょぞく
Kha peoples

ラオスの山地民族を総称していう蔑称ラメット族などもこれに入る。ベトナムではモイ諸族カンボジアではプノン族と呼ばれる。モン=クメール語系山地先住民をはじめ,チベット=ビルマ語系諸族も含まれる。生業焼畑による陸稲の栽培を主とする。牛,豚,鶏などを家畜として飼育しているが,狩猟は依然として大切な生業になっている。家屋は高床式で木や竹から成り,また村は未婚の男性のための宿や儀礼所として用いられる共同家屋をもち,世襲的な村長と祭司に統括される。家族は一夫一婦制が普通で,葬式は盛大に行われ,死者や祖先の祭祀は重要な行事となっており,しばしば家畜供犠を伴っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カー諸族の関連キーワードラオス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android