カ行変格活用(読み)カギョウヘンカクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

かぎょう‐へんかくかつよう〔かギヤウヘンカククワツヨウ〕【カ行変格活用】

動詞の活用形式の一。語形が、文語では「こ・き・く・くる・くれ・こ(こよ)」、口語では「こ・き・くる・くる・くれ・こい」のように、五十音図カ行のキ・ク・コ三段の音で語形変化する類例のない活用。文語の「来(く)」、口語の「来る」(さらに、それぞれの複合動詞)だけがカ行変格活用に属する。カ変

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぎょうへんかくかつよう【カ行変格活用】

動詞の活用形式の一。口語の「来る」、文語の「来」だけがもつ特殊の活用で、口語では「こ・き・くる・くる・くれ・こい」、文語では「こ・き・く・くる・くれ・こよ」とそれぞれカ行の三段に活用する。カ行変格。カ変。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かぎょう‐へんかくかつよう かギャウヘンカククヮツヨウ【カ行変格活用】

〘名〙 動詞活用の一つ。文語では「(く)」、口語では「来(く)る」だけがもつ特殊の活用で、カ行で三段に変化する。すなわち、文語「こ・き・く・くる・くれ・こ(または「こよ」)」、口語「こ・き・くる・くる・くれ・こい」。カ行変格。カ変。〔日本文法中教科書(1902)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカ行変格活用の言及

【活用】より

…日本語で,事態の叙述にあずかる語が,一定の用法に従って,体系的に語形を変化させること。語形とは音節連続の形式についていい,普通はアクセントに及ばない。英・仏語その他ヨーロッパ語のコンジュゲーションconjugationも語形の体系的変化であるが,その変化の示す意味が,人称,数,時,法,相などに関するのに対して,日本語の場合では,表に示すように,単独に用いられる際の切れ方,続き方の差(終止,中止,命令,連体,連用等),また後に結合する付属語の種類に応じて語形が変化する。…

※「カ行変格活用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android