コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

く【来】

[動カ変]く(来)る」の文語形

け【来】

動詞「く(来)」の連用形「き」の上代東国方言。
「水鳥の発(た)ちの急ぎに父母に物言(は)ずにて今ぞ悔しき」〈・四三三七〉

こ【来】

動詞「く(来)」の命令形。平安時代までは「よ」をつけない形で用いられた。→来(く)る
「この寮(つかさ)に詣(まう)で―」〈竹取

らい【来】[人名]

鎌倉中期から南北朝時代山城で活躍した刀工家名高麗(こうらい)から渡来した国吉が祖とされるが、現存作刀はその子国行に始まる。

らい【来】

[連体](日付・年月などで)この次の。きたる。「場所」「シーズン」
[接尾]時などを表す語に付いて、その時から現在まで続いている意を表す。以来。このかた。「数日」「昨年」「一別

らい【来〔來〕】[漢字項目]

[音]ライ(呉)(漢) [訓]くる きたる きたす
学習漢字]2年
こちらにくる。近づいてくる。「来意来客来信来日(らいにち)来賓来訪遠来往来帰来去来光来再来襲来新来伝来渡来舶来飛来
これまで経てくる。起こりきたる。「来由来歴由来
過去のある時点から今まで。このかた。「以来元来近来古来在来爾来(じらい)従来生来年来本来夜来
時間的に、これからくる。「将来未来
今の次の。「来月来週来春来世来年
[名のり]き・く・こ・な・ゆき
[難読]帰去来(かえりなんいざ)出来(しゅったい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

く【来】

( 動カ変 )
くる

け【来】

( 動 )
カ変動詞「来」の連用形「き」の上代東国方言。 「父母にもの言はず-にて今ぞ悔しき/万葉集 4337

こ【来】

カ行変格活用動詞「く」の命令形の古形。こい。 「旅にても喪なくはやと我妹子が結びし紐はなれにけるかも/万葉集 3717」 「こち、と言ひて/大和 103」 〔平安中期以降には、「かしこに物して整へむ、装束そうずくしてこよ/蜻蛉 」「こちこよ、と呼びよせて/宇治拾遺 5」のように間投助詞「よ」を添えた「こよ」の形も用いられるようになり、以後「こよ」が次第に優勢になってゆく〕 → 来る

らい【来】

時などを表す名詞の上に付いて、次の、来たる、の意を表す。 「 -学期」 「 -年度」 「 -場所」
時などを表す名詞の下に付いて、その時から今まで、それ以来、の意を表す。 「昨年-の懸案」 「先週-、気分がすぐれない」

らい【来】

姓氏の一。鎌倉中期から南北朝時代にかけて栄えた、京都の刀工群の家名。国行くにゆき・国俊くにとし・国光くにみつ・国次くにつぐらがおり、山城やましろ物を代表する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

来の関連キーワード来た来た、マジで来た来目部∥久米部磯際で船を破るもそろもそろにテルペニヤ湾比売神・姫神チェンライ国俊(2)来簡・来翰先達て来腹が北山引揚げ者来慣れるそれ来た春が来た名残の雪辺つ波妹が袖万葉集希伯来

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来の関連情報