ガウガメラの戦(読み)ガウガメラのたたかい

百科事典マイペディアの解説

ガウガメラの戦【ガウガメラのたたかい】

アルベラの戦とも。ティグリス川上流,アルベラArbela近くのガウガメラGaugamelaで,前331年アレクサンドロス大王の東征軍がダレイオス3世下のペルシア軍をイッソスの戦に次いで破った。以後ダレイオスの権威は失われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガウガメラのたたかい【ガウガメラの戦】

前331年秋,北メソポタミアに進攻したアレクサンドロス大王が,ティグリス川左岸ガウガメラGaugamēla(テル・ゴメル)付近の平原でダレイオス3世のペルシア軍と遭遇し,イッソスの戦(前333)に次いで再びこれを破った戦い。アレクサンドロスは戦闘半ばに戦場を離脱したダレイオスを,約90km南のアルベラArbēlaまで徹宵追跡したが及ばず,しかしダレイオスの権威は全く失われ,アレクサンドロスは以後正式に〈アジアの王〉を称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガウガメラの戦の言及

【アレクサンドロス[大王]】より

…彼がペルシア帝国の完全征服にはじめて確信を得たのは,イッソスの戦の勝利(前333)とフェニキア諸市の服属によってであった。ダレイオス3世の講和提案を拒絶した彼は,エジプトを無血征服(前332)すると,翌春メソポタミアに進出,ガウガメラの戦(前331)に再び総動員のペルシア軍を破って同年末までにバビロン,スーサ,ペルセポリスを攻略した。とくに首都ペルセポリスは劫略破壊され,王宮も焼き払われた。…

※「ガウガメラの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android