ガストン レビュファ(英語表記)Gaston Rébuffat

20世紀西洋人名事典の解説

ガストン レビュファ
Gaston Rébuffat


1921 - 1985.5.31
フランスのアルピニスト
マルセイユ生まれ。
1940年ペルブー北稜第3登、’44年パリベ南壁初登、プトレイのコル東面初登、’45年ベルト針峰北壁ナンブラン・フェース第2登、ダン・デュ・ルカン北壁初登。’47年グランド・ジョラス北壁中央側稜第4登、ラバネル針峰およびママリー針峰冬期初登など20代からアルプスで数多くの初登攀の記録を樹立。また、登山ばかりでなく、著述、映画制作でも世界の第一人となっている。その多くは数ヵ国語に訳されている。代表作「星と嵐」(’54年)は日本のクライマーに強い影響を及ぼし、日本語版にはこのほか「天と地の間に」などがあり、映画としては「星にのばされたザイル」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android