コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガソリン中毒 ガソリンちゅうどくgasoline poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガソリン中毒
ガソリンちゅうどく
gasoline poisoning

ガソリンの蒸気を多量に吸入すると,頭痛,吐き気耳鳴り,胸部熱感などの中毒症状が現れる。口から飲み込んだときは上部消化管の刺激症状を引起し,嘔吐の結果,しばしば気管内に吸引される。ガソリン表面張力が低いので,ごく少量が肺内に入っても広範囲に広がり,肺水腫肺炎を起す。したがって大量に飲んだときには,肺に入らないよう注意して胃洗浄を行う。また,植物油塩類下剤を与えて毒物の吸収を妨げる。肺刺激症状が出現したら,副腎皮質ホルモン,陽圧酸素吸入,抗生物質投与を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android