ガッターマン-コッホ反応(読み)ガッターマンコッホハンノウ

  • Gattermann-Koch reaction

化学辞典 第2版の解説

ベンゼンおよびその同族体に塩化銅(Ⅰ)と塩化アルミニウムを触媒として,一酸化炭素と塩化水素とを作用させて,ベンゼン核にホルミル基を導入する反応.

ベンゼン同族体では,ホルミル基は主としてアルキル基に対してパラ位に入る.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android