ガルバノスタット

  • galvanostat

化学辞典 第2版の解説

電流を規制して電解を行うときに用いる装置のことで,電解中の電流をある一定の値に保つはたらきをする.このはたらきを利用して,クーロメトリークロノポテンショメトリーに用いられる.対照的に,ポテンショスタット電位を規制して電解を行うときに用いる装置で,電解中の電位をある一定の値に保つはたらきをする.ガルバノスタットやポテンショスタットは,電解セルを等価回路に置き換えることにより容易に設計することができ,演算増幅器を用いれば比較的簡単に製作できる.市販の装置はガルバノスタットだけでなくポテンショスタットの機能ももち,出力電流は最大±1 A のものが多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android