ガルヤルサ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルヤルサ
がるやるさ / 爾雅沙

中国、チベット自治区アリ地区南西部のガル県にある地名。旧称ガルトク(大克)。北側にはガンディセ山脈、南側にはヒマラヤ山脈が横たわり、インダス川上流部のガル河が北東に流れる。ルトゥやシガツェ方面に新蔵自動車道(カルギリク―ラツェ)が通じる。ヒツジやヤクを主体にした牧畜業が発達し、河谷地域では青(チンコー)(ハダカエンバク)栽培が盛んである。清(しん)代にはアリ地区第一の町として発展、1904年のイギリス・チベット条約(ラサ条約)によって、ツォモ、ギャンズェとともに市場として開放され、羊毛や緑茶などを対象にカシミール経由でインド、イギリスとの交易が行われた。[駒井正一・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガルヤルサの言及

【ガルトク】より

…中国,チベット自治区南西部の鎮,現在のガルヤルサ(噶爾雅沙)。アリ地区ガル県の経済中心。…

※「ガルヤルサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android