コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルヤルサ

百科事典マイペディアの解説

ガルヤルサ

中国,チベット自治区ガル県南東の町。旧名ガルトクヒマラヤ山脈とカイラス山脈にはさまれたインダス川上流のガル川(ガル・カンバブ)右岸に開けた町で,新疆〜チベット道路が通過しており,付近の交易中心地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルヤルサ
がるやるさ / 爾雅沙

中国、チベット自治区南西部の鎮(ちん)。アリ地区南西部、ガル県に属す。旧称ガルトク(大克)。北側にはガンディセ山脈、南側にはヒマラヤ山脈が横たわり、インダス川上流部のガル河が北東に流れる。県政府所在地は北東の爾新村で、アリ地区の中心であるとともに県の畜産品や生活物資交流の中心でもある。ルトゥやシガツェ方面に新蔵自動車道が通じる。ヒツジやヤクを主体にした牧畜業が発達し、河谷地域では青(チンコー)(ハダカエンバク)栽培が盛んである。清(しん)代にはアリ地区第一の町として発展、1904年のイギリス・チベット条約によって、ツォモ、ギャンズェとともに市場として開放され、羊毛や緑茶などを対象にカシミール経由でインド、イギリスとの交易が行われた。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガルヤルサの言及

【ガルトク】より

…中国,チベット自治区南西部の鎮,現在のガルヤルサ(噶爾雅沙)。アリ地区ガル県の経済中心。…

※「ガルヤルサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガルヤルサの関連キーワードカイラス[山脈]ヒマラヤ[山脈]カイラス山脈ヒマラヤ山脈ギャンズェ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android