コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンシクロビル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンシクロビル

CMV (サイトメガロウイルス) に効果のある薬剤。 CMVヘルペスウイルスの一種で,健康なときにはあまり活動しないが,癌治療時や臓器移植後のように生体の免疫機能が低下した状態になると活動を開始する。肺炎,腸炎などを引起し重い症状となる。ガンシクロビルは CMVの DNA複製阻害作用をもちその増殖を抑えるが,副作用として白血球が減少することが知られている。副作用の治療には,顆粒球造血因子 (G-CSF) などとの併用が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガンシクロビル(ganciclovir)

サイトメガロウイルス感染治療薬。ウイルスに直接作用して、増殖を妨ぐ。→サイトメガロウイルス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガンシクロビル【ganciclovir】

抗ウイルス剤の一。免疫抑制剤の使用による免疫力低下時の、サイトメガロウイルス感染症の治療に用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ガンシクロビルの関連キーワードバルガンシクロビル塩酸塩サイトメガロウイルス肺炎エイズのおもな合併症抗ウイルス剤バリキサ錠免疫抑制剤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android