ガーザーン・ハン(合賛汗)(読み)ガーザーン・ハン(英語表記)Ghāzān Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーザーン・ハン(合賛汗)
ガーザーン・ハン
Ghāzān Khān

[生]1271.11.5.
[没]1304.5.11.
イランのモンゴル王朝,イル・ハン国第7代のハン (在位 1295~1304) 。第4代アルグーン・ハン (阿魯渾汗) の子。叔父ガイハトゥ・ハンを殺したバイドゥ (貝杜) を倒して即位。確固たるスンニー派イスラム教徒で,臣下の改宗に努めたが,一般的には宗教的寛容政策をとった。イラン各地に割拠する専横はなはだしい諸王や諸部族を実力で従えて中央集権を果したガーザーンは,宰相ラシード・ウッディーンおよびアリー・シャーの補佐のもとに税制の確立,行政の整備,イクター制の施行など積極的な改革政治を推進,外にはマムルーク朝に対して数次のシリア遠征を敢行し,同朝の最盛期を現出させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android