コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーターヘビ ガーターヘビ Thamnophis sirtalis; common garter snake

2件 の用語解説(ガーターヘビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーターヘビ
ガーターヘビ
Thamnophis sirtalis; common garter snake

トカゲ目ヘビ科。体長 60cm。背に3本の縦縞があり,中央の縞は普通黄色である。ミミズ,おたまじゃくし,小魚類などを食べる。無毒。卵胎生で,7~8月に 14~40匹の子ヘビを産む。北アメリカ東部にごく普通にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーターヘビ
がーたーへび
garter snake

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科ガーターヘビ属に含まれるヘビの総称。無毒ヘビで、名は縞(しま)模様がガーター(靴下留め)に似ることに由来する。この属Thamnophisには約20種があり、カナダ、アメリカ合衆国からコスタリカまで広く分布し、コモンガーターヘビT. sirtalisの1亜種がアラスカのユーコン川付近まで達している。全長は60~130センチメートルほどで、平地から4000メートルの高地に至る水辺にすみ、ミミズ、両生類、魚などを食べる。卵胎生(らんたいせい)で、夏に50~60匹ほどの子ヘビを産むが、繁殖期には冬眠地域から集団で移動して集まるものもある。自衛手段として肛門腺(こうもんせん)から嫌なにおいの液を出すものが多い。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガーターヘビの関連キーワードカナヘビ足無蜥蜴縞蛇金蛇子持金蛇蛇喰鷲やい トカゲヘビ(蛇)カタヘビトカゲニホントカゲ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone