コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キアイ きあい

1件 の用語解説(キアイの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キアイ
きあい / 木藍

藍色の染料植物としてよく知られているものは草であるタデ科の一年草アイであるが、木にも藍色染料となるものがあり、これを木のアイ、すなわちキアイとよぶ。キアイにはマメ科コマツナギ属の数種と、キツネノマゴ科リュウキュウアイStrobilanthes cusia O. Kuntzeなどがあり、いずれも葉を染料として用いる。コマツナギ属のものはインドを中心として生産され、インドアイIndigofera suffruticosa Mill.ともいう。木の高さは1、2メートル、葉は9~13枚の小葉からなる奇数羽状複葉。なかでもインド南部産のタイワンコマツナギI. tinctoria L.が著名で、藍色色素インジゴが化学合成されるまでは主要な藍色染料であった。リュウキュウアイは、アジアの熱帯から亜熱帯で栽培されており、沖縄ではこの葉の藍色染料で芭蕉布(ばしょうふ)などを染めたが、最近ではあまり用いられなくなった。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキアイの言及

【インジゴ】より

…マメ科のコマツナギ属Indigoferaの数種で,藍色の染料インジゴを採るために利用されていた植物の総称名,あるいは染料そのものの名称。小低木で,キアイ(木藍)とも呼ばれるが,それは藍染料をとる草本のアイ(タデアイ)と区別するためである。インドから東南アジア地域原産のナンバンアイI.tinctoria L.やI.sumatrana Gaertn.,I.arrecta Hochst.,熱帯アメリカ原産のナンバンコマツナギI.suffruticosa Mill.など10種近くある。…

※「キアイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キアイの関連情報