コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシュクンフェーレジハーザ Kiskunfélegyháza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キシュクンフェーレジハーザ
Kiskunfélegyháza

ハンガリー中部の都市。ドナウ,ティサ両河間の平野の中心地の一つ。ブダペストと南部国境のセゲドとを結ぶ鉄道,道路交通の要地で,周辺の農産物の集散地。 14世紀にクマノイ族が入植した小クマニア (キシュクン) 地方の要地であったが,16世紀のオスマン帝国軍の侵入で破壊され,18世紀中頃以降マジャール人の町として再建された。人口3万 4128 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android