コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシュクンフェーレジハーザ キシュクンフェーレジハーザKiskunfélegyháza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キシュクンフェーレジハーザ
Kiskunfélegyháza

ハンガリー中部の都市。ドナウティサ両河間の平野の中心地の一つ。ブダペストと南部国境のセゲドとを結ぶ鉄道,道路交通の要地で,周辺の農産物の集散地。 14世紀にクマノイ族が入植した小クマニア (キシュクン) 地方の要地であったが,16世紀のオスマン帝国軍の侵入で破壊され,18世紀中頃以降マジャール人の町として再建された。人口3万 4128 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone