キズリャル(英語表記)Kizlyar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キズリャル
Kizlyar

ロシア南西部,北カフカス,ダゲスタン共和国の都市。共和国首都マハチカラの北西約 120km,テレク川三角州にある。 1733年建設の要塞に始り,18世紀後半より交易中心地として,19世紀初めからブドウ栽培,ワイン醸造の中心地として知られた。現在ブランデー,ワインなどの酒造業のほか,電気器具,食肉,油脂などの工業が発展している。ロストフナドヌーアゼルバイジャンの首都バクーを結ぶ幹線から分岐しアストラハンにいたる鉄道が通る。人口約3万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キズリャルの関連情報