キセワタ(着せ綿)(読み)キセワタ(英語表記)Leonurus macranthus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キセワタ(着せ綿)
キセワタ
Leonurus macranthus

シソ科の多年草。各地の山野に自生する。高さ 60~90cm。地下茎ひげ根を多く生じ,地上茎は直立して,断面方形で全体がにおおわれている。下部の葉は卵形,上部のものは広披針形で,あらい鋸歯があり,毛がある。花は紅紫色唇形花で夏から秋に咲く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android