コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キッコウチク きっこうちく

1件 の用語解説(キッコウチクの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キッコウチク
きっこうちく / 亀甲竹
[学]Phyllostachys pubescens Mazel. cv. Kikhochiku

イネ科のタケササ類。モウソウチク突然変異によってできた奇形品。稈(かん)の基部付近ないし枝下のほとんど全部の節間が短く詰まり、節が電光状に屈曲し、節の隔壁は斜めになって上下互いに一端で交互に接し、節間が交互に膨出して亀甲状になる。稈の下部の節間が詰まっただけ高さは正常のモウソウチクより低くなる。観賞用として庭などに植えることもある。[鈴木貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキッコウチクの言及

【モウソウチク(孟宗竹)】より

…久留米では天然記念物となっている。キッコウチク(亀甲竹)cv.Heterocyclaは仏面(ぶつめん)竹または仏肚(ぶつと)竹ともいい,稈の下方の節間が亀の甲のようにふくれている。観賞用にもされるが,工芸材料ともなる。…

※「キッコウチク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone