キットラー

百科事典マイペディアの解説

キットラー

ドイツの批評家。旧東ドイツ・ザクセン州に生まれる。1958年両親とともに西ドイツに亡命。フライブルグ大学で言語学を学び,ジャック・ラカン,ミシェル・フーコーの哲学に影響を受ける。1987年ルール大学教授。1993年ベルリン・フンボルト大学教授。メディアが人間の思考と社会に及ぼす影響を斬新な言説分析の手法で解明したメディア論で世界的に知られる。代表作に《グラムフォン・フィルム・タイプライター》(1988年,日本語訳筑摩学芸文庫所収)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android