コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノボタン(狐の牡丹) キツネノボタンRanunculus glaber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツネノボタン(狐の牡丹)
キツネノボタン
Ranunculus glaber

キンポウゲ科の多年草で,路傍や溝の脇などの湿地に生える。高さ 60cm内外となり,全体に毛が多い。葉は3小葉から成り,縁に不規則な鋸歯がある。春から秋にかけて,枝先に黄色の花をつける。直径1~1.3cm,緑色の萼片は5枚で花弁も5枚,おしべ,めしべともに多数から成る。痩果楕円形で先は鉤状に曲り多数集って金平糖の形になる。草名野原に生えて葉がボタンに似ていることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キツネノボタン(狐の牡丹)の関連キーワードキンポウゲ科

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android