コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草名 ソウナ

大辞林 第三版の解説

そうな【草名】

そうみょう【草名】

草体の署名。特に、二字を合わせて一字のように書いたもの。また、花押かおう。そうな。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草名
そうみょう

草書体の自署。「そうな」とも読む。平安時代初期からみえる。自分の署名に独自性をもたせようとする意識から発生したと思われ、その傾向が進むと、字を変形あるいは合体させて特殊な形をつくる花押(かおう)となる。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の草名の言及

【花押】より

…花押の起源は自署の草書体にある。これを草名(そうみよう)とよび,草名の筆順,形状がとうてい普通の文字とはみなしえないまでに特殊形様化したものを花押という。
[起源と種類]
 花押の発生は中国にあって,その時期は遅くも唐代中期と見られている。…

※「草名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

草名の関連キーワードキツネノボタン(狐の牡丹)エイザンスミレハナカンザシヒメオトギリツンベルク坂野比呂志日本植物誌花押・華押渡辺元七植学啓原伊藤圭介ウラギク方上荘薬名詩離洛帖二字一字草体書判