コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金平糖 こんぺいとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金平糖
こんぺいとう

南蛮渡来の掛物菓子。金餅糖,金米糖とも書く。語源はポルトガル語confeitoといわれている。 16世紀後半に日本に伝えられ,17世紀末に長崎で盛んにつくられるようになった。その後,上方,江戸へと広まり,井原西鶴の『日本永代蔵』にもその製造法が書かれている。当時はごま粒を種にしてつくったが,後世けし粒に代って現在に及んでいる。けし粒に蜜衣を何度も掛け,乾かし,十分に糖を吸わせてから加熱すると糖が吹出し,でこぼこができる。色をつけたり,中心にシナモンなどを入れたものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

金平糖【こんぺいとう】

室町末期に渡来した南蛮菓子の一種。ポルトガル語のコンフェイトconfeitoの転訛(てんか)といわれる。ケシ粒を心にして砂糖液をかけてかわかし(古くはゴマを使用),加熱しさらに糖液をかけて作る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

金平糖

表面に突起がついた小形の砂糖菓子。室町時代末期にポルトガルから伝わったとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんぺいとう【金平糖】

金米糖,金餅糖,糖花などとも書く。室町末期に伝えられた南蛮菓子の一種で,ポルトガル語のコンフェイトconfeito(砂糖菓子)から出た語。1569年(永禄12)4月ルイス・フロイスが織田信長に謁したさいの贈物の中にその名が見える。井原西鶴の《日本永代蔵》(1688)には,近年世間に広まって値段もやすくなったといい,製法をくふうして身代を築いた長崎の町人の話が書かれている。それによると,ゴマを砂糖液で煮たものを乾燥し,それをなべでいると,あたたまるにしたがってゴマから砂糖が吹き出して金平糖になったとしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金平糖
こんぺいとう

南蛮菓子のなかの砂糖菓子で掛け物の一種。金米糖、金餅糖の字もあてる。菓名はポルトガル語のコンフェイトconfeitoによる。極小の飴粒(あめつぶ)を核にして、これに氷砂糖を煮溶かした糖液をまぶし、かき回しながら加熱すると、糖液は順次固まって大きくなり、球形の表面に角状の突起ができる。糖液に彩色して赤、黄、緑色の金平糖もつくられる。金平糖が国産化したのは渡来から約120年後の貞享(じょうきょう)年間(1684~1688)とみられ、井原西鶴(さいかく)の『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』(1688刊)巻5には、「仕掛(しかけ)いろいろせんさくすれども成(なり)がたく」「南蛮人もよきことは秘すと見えたり」などと紹介され、その仕法が当時の日本人にはよほど不思議であったことがわかる。それに続いて「近年下直(げじき)なること、長崎にて女の手わざに仕出し、今は上方(かみがた)にてもこれにならひて弘(ひろ)まりける。胡麻(ごま)一升を種にして、金平糖二百斤になりける」と書かれるまでに普及した。当時は核にごまやケシ粒、肉桂(にっけい)皮などを用いた。『守貞漫稿(もりさだまんこう)』によると、製法が江戸に伝わるのは文政(ぶんせい)(1818~1830)以後のことである。金平糖つくりは掛け物職人といい、手仕事で日に約70キログラムもこしらえたというが、いまは駄菓子である。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金平糖の関連キーワードキツネノボタン(狐の牡丹)ヨコワミドロ(横輪水泥)シロナマコ(白海鼠)金米糖・金平糖ヤチカワズスゲダイモンジソウくるみ割り人形キツネノボタンフクジュソウヒメツルソバ鈴木 光枝掛け物菓子ロウソク芽南蛮文化日本料理カルミアカンパン狐の牡丹オニスゲ上山千奈

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金平糖の関連情報