コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キティラ島 キティラトウ

デジタル大辞泉の解説

キティラ‐とう〔‐タウ〕【キティラ島】

KythiraΚύθηρα》ギリシャ南部、ペロポネソス半島南端のラコニア湾の沖合に浮かぶ島。イオニア諸島に属す。中心地はキティラ。古代ギリシャ時代、美と愛の女神アフロディテ信仰の地として知られ、後にシテール島の名でフランスの画家アントワーヌ=ワトーや作曲家クロード=ドビュッシーの作品の題材となった。古くから海上交通の要衝であり、しばしば海賊の拠点となったり攻撃を受けたりした。ベネチア共和国オスマン帝国などの支配を受け、フランス領、英国領となり、19世紀半ばよりギリシャ領。キシラ島シテール島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

キティラ島の関連キーワードアンティキティラ島の機械ドビュッシーイオニア諸島ラコニア湾キティラスパルタビララスワトー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android