コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キティラ島 キティラトウ

1件 の用語解説(キティラ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キティラ‐とう〔‐タウ〕【キティラ島】

KythiraΚύθηρα》ギリシャ南部、ペロポネソス半島南端のラコニア湾の沖合に浮かぶ島。イオニア諸島に属す。中心地はキティラ。古代ギリシャ時代、美と愛の女神アフロディテ信仰の地として知られ、後にシテール島の名でフランスの画家アントワーヌ=ワトーや作曲家クロード=ドビュッシーの作品の題材となった。古くから海上交通の要衝であり、しばしば海賊の拠点となったり攻撃を受けたりした。ベネチア共和国オスマン帝国などの支配を受け、フランス領、英国領となり、19世紀半ばよりギリシャ領。キシラ島シテール島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キティラ島の関連キーワードキシラ島ΗραίοΘησείονテラシア島ΦηράΗραίον

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone