コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンバー camber

翻訳|camber

パラグライダー用語辞典の解説

キャンバー

キャノピーの翼弦線と、中心線との距離。キャノピー(翼)が効率良く揚力(リフト)を発生させる為に横から見るとアーチのようなカーブを描いており、キャンバーの値が一番大きいところを最大キャンバーという。最大キャンバーが大きいと揚力の発生も大きいが抗力も増える。高速レンジの機体ほどキャンバーは小さめ(薄め)の傾向があるが、パラグライダーのスピードはなるべく低速から高速までレンジを広げたく、また失速特性やキャノピーの剛性にも影響する為、キャンバーの値はプロファイルを含めメーカーにより違いを見せている。
ki-30.gif

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

キャンバー【camber】

自動車で、前後方向から見てタイヤの中心線が鉛直線となす角度。キャンバー角。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のキャンバーの言及

【舟∥船】より

…また断面で見ても船体中心線では船側より甲板を高くし水はけをよくしている。これをキャンバーという。甲板上には船楼および甲板室を設け,操舵室,居住区,倉庫などにあてている。…

【翼】より

…翼型の前縁と後縁を結ぶ直線を翼弦wing chord,厚さの中央を通って前縁と後縁を結ぶ曲線を中心線という。翼型の最大厚さの翼弦長に対する比(%で表す)を翼厚比wing thickness ratio,また中心線と翼弦との間隔の翼弦長に対する比(%で表す)をキャンバーcamberという(間隔そのものをキャンバーということもある)。
[翼の角度の名称]
 飛行中は翼弦を飛行方向に対し適度に傾けて揚力を調節するが,この角度を迎え角angle of attackという(図10)。…

※「キャンバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キャンバーの関連キーワードエマ カークビートーインプラウトタイヤ自動車方向舵角度軍艦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android