コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューガーデン Kew Gardens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キューガーデン
Kew Gardens

ロンドン西方約 10km,テムズ川の南岸にある世界的に有名な植物園。正式名称はキュー王立植物園 Royal Botanic Gardens,Kew。 1760年頃,ジョージ3世の母にあたるオーガスタ皇后によってつくられた小さな植物園が始まりで,今日では博物館,研究所,温室および付属建物を備えた面積 120haをこえる広大な規模をもっている。博物館,研究所には参考文献 10万冊,標本 650万点あまりを収め,また4万種以上の植物を栽培している。 2003年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キューガーデンの関連キーワードチェンバーズ(Sir William Chambers)リッチモンドアポンテムズマイケル ブレイクナムベルリンの植物園ロックガーデン関東地方バンクス温室建築バートン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android