コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

距離競技(読み)キョリキョウギ

百科事典マイペディアの解説

距離競技【きょりきょうぎ】

スキー競技のノルディック競技種目の一つ。スキーを滑らせて一定の距離を走る速さを競う。cross-country(クロスカントリー・レース)が正式名称。スキーレーシングski racing,ラングラウフLanglauf(ドイツ語)とも。コースは平地・上り・下りを均等に配し,標高差の最高限度は男子10kmで200m,15km以上で250m,女子5kmで100m,10km以上で150m。また30km以上のレースでは給食所が設けられる。追い抜く合図によって先行走者がコースを空けないと失格になる。走法の異なるクラシカル走法とスケーティング走法のどちらか一方,または両走法を組み合わせた複合によって争われる。2014年のソチオリンピックでは,男子がクラシカル15km,フリー50km,4×10kmリレー,複合,スプリント,団体スプリント,女子がクラシカル10km,フリー30km,4×5kmリレー,複合,スプリント,団体スプリントで競われた。距離競技とライフル射撃競技を組み合わせるバイアスロンもある。
→関連項目バイアスロン複合競技

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょりきょうぎ【距離競技】

スキーのノルディック競技の一。起伏の多い雪の山野をスキーをつけて走り、その所用時間を競うもの。ディスタンス-レース。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の距離競技の言及

【スキー】より

…これは,のちに有名なホルメンコーレン大会(ノルウェー選手権大会)として受け継がれていく。北ヨーロッパの丘陵で発達した技術は,距離競技とジャンプに大別できるが,合わせてノルディック種目Nordicと呼ばれる。 北ヨーロッパのスキー術はついでアルプス地方に伝えられた。…

※「距離競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

距離競技の関連情報