コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューネル Ernst Kühnel

世界大百科事典 第2版の解説

キューネル【Ernst Kühnel】

1882‐1964
ドイツのイスラム美術史学者。パリ,ウィーン,ミュンヘンハイデルベルク各大学で美術史,考古学を学ぶ。ベルリン国立美術館イスラム部長,フンボルト大学教授,ドイツ東洋学会会長等を歴任。1928‐29年および31‐32年に,ササン朝ペルシアの首都クテシフォンの発掘を指揮。イスラム美術・工芸史の草分けで,《東方イスラムのミニアチュール》(1922),《イスラム工芸》(1925),《イスラム美術》(1962)などの著書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キューネルの関連キーワードホフマイスター製糖業

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android