キリストの実在(読み)キリストのじつざい(英語表記)praesentia realis Christi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリストの実在
キリストのじつざい
praesentia realis Christi

キリストの体と血とが聖餐のパンとぶどう酒に実在するという説で,狭義には M.ルター共在説をいう。ルターの共在説はパスカシウス・ラドベルトゥスの実在説に由来するカトリック教会の化体説と,H.ツウィングリの象徴説に対立するものであり,マールブルク会談 (1529) でのルターとツウィングリの聖餐論争はプロテスタントにおける教派分裂の一因となった (→聖餐象徴論 , 聖餐論争 ) 。のち J.カルバンは両者の調和を試み,信者は聖霊の働きへの信仰により,聖餐によって高められ天にいたり,そこでキリストの体と血にあずかるとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android