コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリストの実在 キリストのじつざいpraesentia realis Christi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリストの実在
キリストのじつざい
praesentia realis Christi

キリストの体と血とが聖餐のパンとぶどう酒に実在するという説で,狭義には M.ルター共在説をいう。ルターの共在説はパスカシウス・ラドベルトゥスの実在説に由来するカトリック教会の化体説と,H.ツウィングリの象徴説に対立するものであり,マールブルク会談 (1529) でのルターとツウィングリの聖餐論争はプロテスタントにおける教派分裂の一因となった (→聖餐象徴論 , 聖餐論争 ) 。のち J.カルバンは両者の調和を試み,信者は聖霊の働きへの信仰により,聖餐によって高められ天にいたり,そこでキリストの体と血にあずかるとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キリストの実在の関連キーワード和協信条異端聖体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android