キリスト・アデルフィアン派(読み)キリスト・アデルフィアンは(英語表記)Christadelphians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト・アデルフィアン派
キリスト・アデルフィアンは
Christadelphians

ギリシア語でキリストの兄弟の意。ロンドンで医学を修め,ブルックリンへ移住した J.トマスが 1848年頃創始したキリスト教教派。初めディサイプル教会に属していたが,独自に説教し,ヘブライ預言黙示録を現在と未来の出来事に適用。地域組織エクレシアが主要単位で,中央統合機関はなく,教職平信徒の区別もない。通常教会堂を有せず,貸ホール,個人住宅などを利用,聖書が唯一の信条書で,三位一体論を否認し,キリストの再臨の切迫を信じることが福音の根本であるとした。信仰告白浸礼を要求,神学的には至福千年説 (→ミレニアム ) をとる。アメリカとイギリスで強い勢力を誇る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android