コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルトスペルマ(英語表記)swamp taro

世界大百科事典 第2版の解説

キルトスペルマ【swamp taro】

東マレーシアから南太平洋の島々で,湿地に栽培されるサトイモ科植物(イラスト)。いわゆるタロイモの仲間。約10種ほどある。 地下に肥大した根茎を有する大型の植物で,時には高さ3m以上になる葉柄を有し,葉身矛形になる。葉柄にはとげがあるものが多い。花は雌雄同花で,4~6枚の花被片と4~6本のおしべを有していて,太い棍棒状の肉穂花序に密集してつく。この花序をつつむ仏炎包は長楕円形ボート形で,通常紫茶色を帯びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキルトスペルマの言及

【タロイモ】より

…この種はかつては広く食用にされていたが,現在は逃げ出して野生になったものが,東南アジアからポリネシアまで広く見られる。キルトスペルマCyrtosperma spp.(英名swamp taro)も,ミクロネシアやメラネシアの一部で食用にされ,英名のように湿地で栽培されている。そのほか,スキスマトグロッティス類Schismatoglottis spp.も,えぐみがあまりないため食用にされる種があるが,重要ではない。…

【いも(芋∥薯∥藷)】より

ヤウテア(yautia∥new cocoyam)は中南米原産で,サトイモより乾燥に強く,現在では旧世界熱帯でサトイモ以上に広く栽培されている。それ以外のもの,たとえばクワズイモに似てさらに大型になるインドクワズイモ(giant taro),湿地で栽培されるキルトスペルマ(swamp taro)は限定的な栽培にとどまっている。 ジャガイモ(potato)は南アメリカのアンデス高地原産の,有毒植物の多いナス科の植物である。…

【タロイモ】より

…この種はかつては広く食用にされていたが,現在は逃げ出して野生になったものが,東南アジアからポリネシアまで広く見られる。キルトスペルマCyrtosperma spp.(英名swamp taro)も,ミクロネシアやメラネシアの一部で食用にされ,英名のように湿地で栽培されている。そのほか,スキスマトグロッティス類Schismatoglottis spp.も,えぐみがあまりないため食用にされる種があるが,重要ではない。…

【いも(芋∥薯∥藷)】より

ヤウテア(yautia∥new cocoyam)は中南米原産で,サトイモより乾燥に強く,現在では旧世界熱帯でサトイモ以上に広く栽培されている。それ以外のもの,たとえばクワズイモに似てさらに大型になるインドクワズイモ(giant taro),湿地で栽培されるキルトスペルマ(swamp taro)は限定的な栽培にとどまっている。 ジャガイモ(potato)は南アメリカのアンデス高地原産の,有毒植物の多いナス科の植物である。…

※「キルトスペルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる