コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンウン・ミンジー・ウー・カウン キンウン・ミンジー・ウー・カウンKinwun Mingyi U Kaung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンウン・ミンジー・ウー・カウン
Kinwun Mingyi U Kaung

[生]1822.2.3. サガイン,モンユア近郊
[没]1908.6.30. マンダレー
ビルマ (現ミャンマー) ,コンバウン時代末期に活躍した文人,政治家。幼名マウン・チン。ミンドン王,ティーボー王に仕え,政治,外交の面でも手腕をふるった。モーグン,エージン,ミッターザーなどの韻文のほか,ダンマタッ (慣習法典) の注釈編纂,ミンドン王の外交使節としてヨーロッパを訪れたときの旅行記『ロンドン訪問日記』 (1872) ,『フランス訪問日記』 (75) などがある。また,ビルマの古文書であるペーザー (貝多羅〈ばいたら〉文書) ,パラバイ (折畳み文書) のコレクションは有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キンウン・ミンジー・ウー・カウンの関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android