コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝多羅 ばいたら

3件 の用語解説(貝多羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝多羅
ばいたら

サンスクリット語 pattraの音写。貝葉 (ばいよう) ともいう。一般にターラ樹 tālaの葉のことで,古代インドではそれを乾燥させ,横の極端に長い長方形に切り,経典などを書写する際に用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ばいたら【貝多羅】

pattra 木の葉の意〕
〘仏〙 多羅樹の葉。古代インドで文字を記すのに用いたもの。転じて、書物・記録の意。また、仏教経典の意。貝葉。貝多葉。多羅葉。貝書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝多羅
ばいたら

サンスクリット語パッタラpattra(葉の意)の音写語。貝多羅葉(よう)ともいい、略して貝葉ともいう。通常、ヤシ科に属するターラtla樹の葉が用いられ、古代インドにおいて文章を書き留める素材として用いた。その葉を長方形に切り、鉄筆で記し、油をしみ込ませて文字などを黒く浮き上がらせる。裏・表に書き続け、二枚以上になるときは両端のすこし内側中央に穴をあけ、紐(ひも)を通して束ねた。古代の仏典の多くはこの方式で、貝葉は今日の書物にあたる。このことから日本の古典には仏典を貝葉とよぶ例もある。[奈良康明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝多羅の関連キーワード木の葉隠れ木の葉猿木の葉銜木の葉落し木の葉掻き木の葉隠る木の葉轡木の葉籠もる木の葉煎餅リーフパイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone