キング・イン・パーリアメント(英語表記)King in parliament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キング・イン・パーリアメント
King in parliament

イギリス憲法上の用語で,立法権は国王に付与されていることを言い表わしている。現在は女王の統治下であるので,"Queen in parliament"という。イギリスには立法を担当するものとして,上,下両院から成る議会があるが,法的には議会は国王によって召集され,また停会や解散を命じられる。いわば議会の活動は国王の意思に左右されている。また議会を通過した法律案も,国王の裁可なくしては法律とならない。したがって,国王は立法部の不可欠の構成要素となっているといわねばならない。このことを「議会における王」と表現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android