コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギマランイス ギマランイスGuimarães

2件 の用語解説(ギマランイスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ギマランイス(Guimarães)

ポルトガル北部の都市。工業が盛ん。初代ポルトガル王アフォンソ1世(アフォンソ=エンリケス)生誕の地であり、「国家発祥の地」と称される。旧市街にはギマランイス城ブラガンサ公爵館ノッサ‐セニョーラ‐ダ‐オリベイラ教会をはじめ中世の歴史的建造物が多く、2001年に「ギマランイス歴史地区」として世界遺産文化遺産)に登録された。ギマラインス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ギマランイス【Guimarães】

ポルトガル北部沿岸地方,ブラガ県の都市。人口2万2054(1981)。レオン王国統治下,ポルトゥカレ伯爵領の主都。ポルトガル初代の王アフォンソ1世の出生地であることから〈国家発祥の地〉として知られる。ロマネスク様式ギマランイス城(12世紀),ゴシック様式ブラガンサ侯邸(14,15世紀)等歴史的建造物が多い。劇作家G.ビセンテの生地。現在県内ではブラガに次ぐ商工業の中心地である。【弥永 史郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギマランイスの関連情報