コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギマランイス Guimarães

デジタル大辞泉の解説

ギマランイス(Guimarães)

ポルトガル北部の都市。工業が盛ん。初代ポルトガル王アフォンソ1世(アフォンソ=エンリケス)生誕の地であり、「国家発祥の地」と称される。旧市街にはギマランイス城ブラガンサ公爵館ノッサ‐セニョーラ‐ダ‐オリベイラ教会をはじめ中世の歴史的建造物が多く、2001年に「ギマランイス歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。ギマラインス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ギマランイス【Guimarães】

ポルトガル北部沿岸地方,ブラガ県の都市。人口2万2054(1981)。レオン王国統治下,ポルトゥカレ伯爵領の主都。ポルトガル初代の王アフォンソ1世の出生地であることから〈国家発祥の地〉として知られる。ロマネスク様式のギマランイス城(12世紀),ゴシック様式のブラガンサ侯邸(14,15世紀)等歴史的建造物が多い。劇作家G.ビセンテの生地。現在県内ではブラガに次ぐ商工業の中心地である。【弥永 史郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ギマランイスの関連キーワードノッサセニョーラダオリベイラ教会シャパダドスギマランイスエンリケ(2世)カミーニャ6月27日ブランダンクイアバジョイスローザミニョ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android