コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア悲劇 ギリシアひげき

百科事典マイペディアの解説

ギリシア悲劇【ギリシアひげき】

前6―前5世紀のアテナイにおいて盛んになった古代ギリシア演劇。〈アッティカ悲劇〉ともいい,ポリス共同体が生んだ最高の芸術的達成の一つ。ホメロスの叙事詩や神話のなかの英雄を,合唱隊(コロス)とともに行動させることで観客に生き生きと蘇らせ,新しい人間像を描いた。
→関連項目ディテュランボステスピス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア悲劇
ギリシアひげき

アッチカ悲劇」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリシア悲劇
ぎりしあひげき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギリシア悲劇の言及

【演劇】より

… 劇作術とのかかわりで付け加えれば,代行型演戯による演劇は,アリストテレスも定義するとおり,作者が報告者の立場に終始する〈歴史〉とも,作者が報告者でありかつ物語中の人物にもなる〈叙事詩〉とも異なって,作者が現実の人間を行動させることによって物語を語るのである。しかし,そのようなアリストテレス型の演劇の内部においても,登場人物自身による〈語り〉は,ギリシア悲劇においても17世紀フランス演劇においても重要な見せ場だったばかりでなく,日本の能や人形浄瑠璃のように,〈語り物〉構造を保有しながら演劇の一様式として完成しえたものもある。ブレヒトの叙事演劇も発想のヒントは能であったし,現代作家のうちにはS.ベケットや特にM.デュラスの近作のように〈語り物〉構造の上に立つ作品も多く,このような作品にあっては,演戯者は演戯のレベルですでに〈語り手〉と〈行為者〉という二重性を担わされるのである。…

【詩劇】より

…演劇の母体が祈禱(朗誦)や舞踊を伴った宗教的祭儀,つまりリズミカルな音声言語の語られる場にあったことを思えば,これは当然といえよう。ディオニュソス祭儀に由来するギリシア悲劇(ギリシア演劇)も,中世キリスト教会の神事の展開としての聖史劇,秘跡劇も,そして寺社に所属して祭礼のおりに芸を演じた猿楽師たちの後身である観阿弥,世阿弥の能も,すべて詩劇である。散文が演劇の主たる言語になるのは,西欧近代以後のことである。…

※「ギリシア悲劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギリシア悲劇の関連キーワードガルニエ(Robert Garnier)グレアム(Martha Graham)ゴッツィ(Gasparo Gozzi)ウィラモウィッツ=メレンドルフジャック リチャードソン喪服の似合うエレクトラ縛られたプロメテウス救いを求める女たちオレステイア三部作テバイを攻める七将海へ騎り行く人々ジャン コットオイディプス王スウィンバーンギリシャ悲劇ジェファーズ海辺のカフカニッコリーニエウリピデスローマ演劇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android