煩悶(読み)はんもん

精選版 日本国語大辞典「煩悶」の解説

はん‐もん【煩悶】

〘名〙 いろいろと思いわずらうこと。もだえ苦しむこと。懊悩(おうのう)
※東帰集(1364頃)又和「吹尽炎塵暑月。人心已成空」
養生訓(1713)四「酒後焼酒をのむべからず。或一時に合(あはせ)のめば、筋骨ゆるくし煩悶(ハンモン)す」 〔白居易‐題新昌所居詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「煩悶」の解説

はん‐もん【煩×悶】

[名](スル)いろいろ悩み苦しむこと。苦しみもだえること。「独りで煩悶する」
[類語]悩む苦しむわずらもだえる思い煩う思い迷う思い乱れる苦悩する懊悩おうのうする憂悶ゆうもんする苦悶くもんする苦慮する頭を痛める頭を悩ます思い詰める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「煩悶」の解説

【煩悶】はんもん

もだえる。

字通「煩」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android