コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルベルトゥス・ポレタヌス Gilbertus Porretanus

世界大百科事典 第2版の解説

ギルベルトゥス・ポレタヌス【Gilbertus Porretanus】

1076‐1154
フランス名はジルベール・ド・ラ・ポレGilbert de la Porrée。初期スコラの神学者,哲学者。ポアティエに生まれ,シャルトルのベルナールに学んで,シャルトル学派の代表的人物となる。のちに生地で司教となった。アリストテレスの《カテゴリー論》とボエティウスの神学論文の研究で大きな影響を与えた。普遍論争では極端な実念論を排し,抽象による認識を認めたことが注目される。【泉 治典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギルベルトゥス・ポレタヌスの関連キーワードヨハネス[ソールズベリーの]ベルナール[シャルトルの]ペトルス・ロンバルドゥス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android