コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルベルトゥス・ポレタヌス Gilbertus Porretanus

世界大百科事典 第2版の解説

ギルベルトゥス・ポレタヌス【Gilbertus Porretanus】

1076‐1154
フランス名はジルベール・ド・ラ・ポレGilbert de la Porrée。初期スコラの神学者,哲学者。ポアティエに生まれ,シャルトルのベルナールに学んで,シャルトル学派の代表的人物となる。のちに生地で司教となった。アリストテレスの《カテゴリー論》とボエティウスの神学論文の研究で大きな影響を与えた。普遍論争では極端な実念論を排し,抽象による認識を認めたことが注目される。【泉 治典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ギルベルトゥス・ポレタヌスの関連キーワードヨハネス[ソールズベリーの]ベルナール[シャルトルの]ペトルス・ロンバルドゥス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android