ギロチン社(読み)ギロチンしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

ギロチンしゃ【ギロチン社】

古田大次郎中浜鉄らによって1922年に結成されたテロリストの結社。1921年,古田は農民組織化のため小作人社をつくるが成果なく,テロリズムに訴えることを決意,中浜も同調した。翌年6月同社解散後,ギロチン社を結成。22~24年にかけ,訪日中のイギリス皇太子のテロル計画以後,一連の襲撃事件を起こすがいずれも失敗した。とくに,古田があやまって第十五銀行員を刺殺した小坂事件(23年10月),殺された大杉栄の復讐をねらう和田久太郎村木源次郎と古田らによる福田雅太郎大将狙撃事件(24年9月)は警察の警戒を強めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギロチン社の関連情報