コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田久太郎 わだ きゅうたろう

美術人名辞典の解説

和田久太郎

明石生。碧梧桐門。無政府主義運動に入る。昭和3年(1928)歿、36才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田久太郎 わだ-きゅうたろう

1893-1928 明治-昭和時代前期の社会運動家,俳人。
明治26年2月6日生まれ。株式仲買店の店員をしながら俳句をまなぶ。大杉栄(さかえ)らのアナーキズム運動にくわわり,「労働運動」を発行。関東大震災の際の大杉虐殺に復讐(ふくしゅう)するため,大正13年陸軍大将福田雅太郎(まさたろう)を狙撃(そげき)するが失敗,無期懲役となる。服役中の昭和3年2月20日自殺。36歳。兵庫県出身。
【格言など】もろもろの悩みも消ゆる雪の風(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わだきゅうたろう【和田久太郎】

1893‐1928(明治26‐昭和3)
大正期の無政府主義者。明石で出生し,貧窮のうちに育つ。11歳から20歳まで大阪,神戸の証券業界で働く。以後,新聞配達夫などの職業を転々とし,1916年の堺利彦の衆院選応援を機に売文社に加わる。18年に大杉栄のもとへ走り《労働運動》発刊に尽力,革命的サンディカリスムを鼓吹する。24年9月,関東大震災1周年に大杉虐殺(甘粕事件)報復として,もと戒厳司令官を狙撃して未遂に終わり,無期懲役。獄房で縊死する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の和田久太郎の言及

【大杉栄】より

…その後,保子と別れ,野枝と一緒になる。18年亀戸の労働者街に移住し,野枝と《文明批評》(1~3月)を,和田久太郎,久板卯之助らと《労働新聞》(4~7月)を創刊。第1次大戦後,労働運動が高まっていくなかで,自主自活的労働の促進を目的とする《労働運動》を19年に近藤憲二,和田,久板らと創刊する。…

【甘粕事件】より

…12月16日には大杉の葬儀が行われたが,その朝には右翼の大化会が大杉の遺骨を奪取して葬儀を侮辱した。大杉派の無政府主義者もテロリズムにかりたてられ,震災1周年には和田久太郎,村木源次郎が福田元戒厳司令官の暗殺を企てて失敗し,無政府主義の衰退を早めた。甘粕は3年後の1926年10月に早くも仮出獄し,陸軍の機密費で1年半ほど渡仏した。…

※「和田久太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和田久太郎の関連キーワード古田大次郎ギロチン社久板卯之助村木源次郎2月6日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android